2008/12/18

トムのその後と下僕の近況

トムさんと下僕の事を心配してくださってありがとうございます。

実はトムさん、血尿がなかなか止まらず、
結局薬を変えてもらって1週間後にようやく止まったのです
が、
今度はストルバイト結晶が発見され
(最初の血尿の時は結晶無し&ph正常だったので
油断していたせいもあるかと思います。)
結局、投薬&療法食がステージ1に逆戻りしてしまいました。

せっかく維持食(処方食の軽いヤツ)を買いだめしてたのに〜〜
なんてこったぃ!!
この年末になってお財布に痛い出来事でした。シクシク

でも、ずーっと見過ごしていて、もっと重症になって
「手術」とかになったらもっと大変だったと思うので
まだ「おしっこが詰まって出ない」なんていう事態に
なる前に発見されて良かったかなーと思っています。

本猫はすごく元気で、今日も走り回っているし。



写真は通院するので、ハーネスを着けられ、ちょっとドキドキしているトムさん。

それから、下僕に関しては最近ちょっと風邪気味でしたが、元気です。
先々月から引きずっていた仕事も一段落。世間の不況の影響か、年末恒例の忙しさもなんだか60%減という感じで
それなりに余裕がありそうです。

これからはもう少し頻繁に更新できそうです。ということでこれからもよろしく。m(__)m

2008/12/02

カゴ好きーのトムさん

video
久しぶりにトムさんの動画です。カゴに入ってご機嫌な様子をどうぞ。
ゴロゴロ言ってます。相変らず身動きする度に画面の照度が変わりますが。

実は先月の28日に、またしてもトムさんが血尿になってしまいました。
その日は仕事で帰宅が遅くなり、血尿に気がついたのは夜中の2時。
緊急事態では無さそう=おしっこが詰まっているわけでは無い=だったので
病院へ駆け込むのは翌朝一番ということにして、取りあえず水を摂らせることに専念しました。

翌朝は、実に良いタイミング(8時)でおしっこ採取に成功。
トムさんをキャリーバッグに詰め込んで病院へ飛ばしました。

検査の結果、尿phは弱酸性で異常なし。細菌も検出されず
ストルバイト結晶も無し。腎臓も異常なし。
なので血尿の原因として考えられるのは『外傷性』…つまりどこか高所から落ちてお腹を打った。
または、遊んでいてお腹をぶつけ膀胱に傷がついた。しかも鮮血ではないので、すでに治りかけている
……ということでした。(ああ、良かった重篤な病気じゃなくて。)
注射を打ってもらい、1週間分の薬(抗生物質&血止め)をもらって帰ってきました。

ということで、投薬を開始して今日で4日目。
まだ少しおしっこに色がついています。(肉眼で見た感じでは、薄めの番茶のような色です。)
前回に比べると治りが遅いかな?……
でも前回は細菌性だったし、血尿と言っても薄かったし。
とりあえず、今のお薬を全部呑んでからのことですね。

お騒がせトムさんでした。
※うちの猫sはふたりとも薬を呑ませるのがラクなので、助かっています。
ただシータは「にぃちゃんだけ美味しいもの食べてる〜!」と誤解しているらしく
トムさんの薬を横取りしようとして困ります。