2008/12/18

トムのその後と下僕の近況

トムさんと下僕の事を心配してくださってありがとうございます。

実はトムさん、血尿がなかなか止まらず、
結局薬を変えてもらって1週間後にようやく止まったのです
が、
今度はストルバイト結晶が発見され
(最初の血尿の時は結晶無し&ph正常だったので
油断していたせいもあるかと思います。)
結局、投薬&療法食がステージ1に逆戻りしてしまいました。

せっかく維持食(処方食の軽いヤツ)を買いだめしてたのに〜〜
なんてこったぃ!!
この年末になってお財布に痛い出来事でした。シクシク

でも、ずーっと見過ごしていて、もっと重症になって
「手術」とかになったらもっと大変だったと思うので
まだ「おしっこが詰まって出ない」なんていう事態に
なる前に発見されて良かったかなーと思っています。

本猫はすごく元気で、今日も走り回っているし。



写真は通院するので、ハーネスを着けられ、ちょっとドキドキしているトムさん。

それから、下僕に関しては最近ちょっと風邪気味でしたが、元気です。
先々月から引きずっていた仕事も一段落。世間の不況の影響か、年末恒例の忙しさもなんだか60%減という感じで
それなりに余裕がありそうです。

これからはもう少し頻繁に更新できそうです。ということでこれからもよろしく。m(__)m

2008/12/02

カゴ好きーのトムさん

video
久しぶりにトムさんの動画です。カゴに入ってご機嫌な様子をどうぞ。
ゴロゴロ言ってます。相変らず身動きする度に画面の照度が変わりますが。

実は先月の28日に、またしてもトムさんが血尿になってしまいました。
その日は仕事で帰宅が遅くなり、血尿に気がついたのは夜中の2時。
緊急事態では無さそう=おしっこが詰まっているわけでは無い=だったので
病院へ駆け込むのは翌朝一番ということにして、取りあえず水を摂らせることに専念しました。

翌朝は、実に良いタイミング(8時)でおしっこ採取に成功。
トムさんをキャリーバッグに詰め込んで病院へ飛ばしました。

検査の結果、尿phは弱酸性で異常なし。細菌も検出されず
ストルバイト結晶も無し。腎臓も異常なし。
なので血尿の原因として考えられるのは『外傷性』…つまりどこか高所から落ちてお腹を打った。
または、遊んでいてお腹をぶつけ膀胱に傷がついた。しかも鮮血ではないので、すでに治りかけている
……ということでした。(ああ、良かった重篤な病気じゃなくて。)
注射を打ってもらい、1週間分の薬(抗生物質&血止め)をもらって帰ってきました。

ということで、投薬を開始して今日で4日目。
まだ少しおしっこに色がついています。(肉眼で見た感じでは、薄めの番茶のような色です。)
前回に比べると治りが遅いかな?……
でも前回は細菌性だったし、血尿と言っても薄かったし。
とりあえず、今のお薬を全部呑んでからのことですね。

お騒がせトムさんでした。
※うちの猫sはふたりとも薬を呑ませるのがラクなので、助かっています。
ただシータは「にぃちゃんだけ美味しいもの食べてる〜!」と誤解しているらしく
トムさんの薬を横取りしようとして困ります。

2008/11/19

こたつの季節到来

急に寒くなったので、猫用コタツを出してやりました。
トムさんが入っていると、さっそく乱入したシー。

覗いて写真を撮っていると、びっくりお目目で固まるトムさん。

眠そうなシー。
「なんや、せっかく人がええ気持ちで寝てんのに、うるさいなぁ」
……オヤジ入ってるよ、シーたん。



「兄ちゃん♪」(はあと)のシー。




でもこの後、トムさんはそそくさと出て行ってしまったのでした。


(コタツの中は暗いので画像が粗いです。
オマケにピンボケで、すみません。)

2008/10/24

顔アップ比べ

同じ猫でも
大アップで撮ると骨格の違いがよくわかります。




トムさんはどちらかっつうと顔が扁平で鼻も低めです。
目は丸くて大きく、ちょっと飛び出ています。



シーたんは顔は長め、アゴがしっかりしていて
鼻すじが通っていて中高い。
目は引っ込みぎみ。
アイラインくっきりなので強調されていますが
目そのものは小さめです。




※すみません。下僕は仕事が修羅場状態(別名デスマーチともいう)なので昔の写真でお茶を濁します。今月いっぱいは更新できないかもしれません。レスも遅れます。ごめんなさい。m(__)m

2008/10/15

猫的冬支度

肌寒くなってきましたね。

すっかり秋です。
←今年初の『アンモニャイト」発見!

シータは私の布団の上でしっかり丸くなって寝ています。
(私は肩凝りが酷いので、今年は羽根布団を新調。カバーを二重にかけて爪が刺さらないよう念入りにしています。)
今のところ被害はありません。
トムさんは下僕と一緒には寝てくれないので、猫用ベッドを新調。


我が家には丸くなる子となれない子がいます。

これまでアンモニャイトになっているのを見たことが無いトムさん。
手足が長すぎるせいでしょうか?

起きたての顔はノラクロっぽいです。

トムさん、そこは暖い?

2008/10/11

猫の血圧測定

我が家に来た記念日を過ぎたので、トムさんを連れて健診に行ってきました。

←久しぶりの車で緊張気味
 「どこへ行くんだろう?」







今回はいつもの健診に加えて血圧測定というメニューが増えていました。
いそいそと(なんか嬉しそうに機械を出してくる)獣医さん。
私「えっ! そんなのあるんですか?!」
先生「そりゃ動物でも血圧はありますよ」ニコニコ
私「……いえ、それはわかりますが。(そういう意味じゃなくて)
  新しい機械なんですねー」
先生「そうでしょー、すごいでしょー」ww
……って相変わらずお笑いですか?私らは。

それはともかく血圧って動物の場合も手(というか前脚)で測るんですね。
人間と違うのは腕にまきつけるパッドの部分のサイズが数種類あったこと。
そりゃ、グレートピレネーズみたいなぶっとい脚の子もいれば、アビシニアンとかチワワみたいにスマートな脚の子もいるし、何種類も必要だわなーと感心していると、トムさんエラーでまくりです。

最初出た血圧の数値「最高185/最低120」いくら猫でも凄い高血圧。青くなる下僕二人。
念のために2度目の測定、「最高65/最低25」……これって「お前はすでに死んでいる」数値。そんなアホなーと計り直したものの……その後はエラーでまくりで、見るとトムさんのパッド、腕からずり落ちています。

実はトムさんは手を握られるのが大嫌い。なので動き回ってちっとも数値が安定しません。

業を煮やした先生、今度はトムさんのしっぽの付け根にパッドを巻き付けました。
「へえー、しっぽでも測れるんだー」と呑気に見ている下僕二人。

トムさんのしっぽ「思ったより太かった」そうです。
普通の猫のサイズでは合わなかったそうで。

ここにきてトムさん、診察台の上でようやくリラックスし始めたらしく
最終的な血圧の数値は「最高156/最低102」でした。
犬猫の場合は「最高120ー160/最低90ー120」が安全圏内だそうです。
人間よりはかなり高めですね。
まあ、なにはともあれ異常なしで良かった。



ちなみに健診結果は以下の通り(検尿と血液検査は後日ということで)
・触診……異常なし
・耳の中……汚れ無し・異常なし
・口……やや歯垢あり
・目……目やに無し・異常なし
・体温……38.5度・異常なし
・検便……虫無し・異常なし
・体重4.7kg(前回と変わらず)

ただ歯磨きを頑張ってくださいと言われました。毎日「デンタルももちゃん」をしてるんですが……どうもそれだけじゃ不十分なようです。orz歯磨きがんばらにゃー。
というわけでトムさんの血圧測定体験記でした。

※本当は10/9に連れて行ったんですが、9日〜10日にかけて頭痛が酷くて日記を書ける状態じゃなかったので今日書いています。

2008/10/08

トムが我が家にやってきた頃

10/6はトムさんが我が家にやって来た2周年記念日でした。
←これはやってきた翌朝の写真。顔はヒネていますが、体つきは子猫でした。一応。
 抱っこした感触はずっしりと重くて、筋肉がっしりだし
 カリカリをモリモリ食べているので生後4ヶ月ぐらいかなと思ったのです。
 でも病院で検査してもらったら「生後2ヶ月ちょっと」という診断にびっくり!
 本当にデカイ子猫でした。


←これはまたその翌日(10/8)の写真。
 一日でフツーこれだけ伸びるか〜?!
という超成長の証明写真

早くも「うなぎねこ」の片鱗がみえています。

←5日目、座っていると子猫っぽいですが、どことなくオジン臭かったり。
目の色だってすでにキトン・ブルー(子猫特有の青い目)じゃなかったんですよね。

トムさん秘話というほどでは無いんですが、トムさんを迎える以前の話。
トムさんがやってくる前の月 、2006年の9月22日に「動物愛護フェスティバル」というイベントがありました。
そこでは「犬猫の里親募集コーナー」があるというのを動物病院の先生から聞いていた私は、完全に子猫をもらってくる気まんまんで、当日はキャリーバックを用意し、家には猫トイレ、ベッド、食器、フードetcを完備して意気揚々とイベントに出かけていきました。
ところが、肝心のお仕えするべき猫さまがいない……というか、どの子を見てもピンとこない。
そこにいるのは可愛い子猫ばかりだったのに 。もちろん黒白の子もいたけどなんか違う。
いざ抱き上げようとすると、みんな逃げてしまうし……というわけで決められない。
この里親コーナーは獣医師さん提供のものなので、いろんな意味で安心できる にも関わらず「この子をうちの子にしよう!」ということにはならなかったのでした。

で、ガックリして帰ってきた2週間後に、友人からTELがありました。(このあたりの話はよくご存じの方もいると思いますが)「あんたの好きそうな子猫がペットショップの里親募集コーナーのポスターに載ってたよ」というTELが。
もちろんすぐにペットショップへ行きました。 ポスターを見て確認したその場で保護主さんへ電話しました。
その後はまさにトントン拍子に話が進み、トムさんは我が家にやってきたのでした。

トムさんは我が家にやってきた初日から悠々としていて冷蔵庫の前で座り込んでみたり、 棚からフードの袋を落としてごはんの催促をしたり 、先代ちょびさんの寝ていた場所に潜ってみたりと (トイレだって自分から入っていったくらいで)
ずいぶん態度がデカイ、よく言えば胆のすわった猫でした。
普通、もらってきた子猫の初日なんて物陰に隠れるとか隅っこから出てこないとかありそうなのに。
翌朝から部屋の真ん中で寝そべっているという泰然自若ぶり。

こうしてみるとやっぱり家に来る運命だったのかも。


元気で、うーんと長生きして「うなぎねこ2代目」&「初代うなぎねこまた」を目指すんだよ、トムさん。

2008/10/03

うちの猫'sテーマソング

(写真と本文は特に関係ありません)







トムさんはこの毛玉ボールが大好き!


ふたりそろって悪巧みの相談?していそう……







遠近感が怪しいので、トムさんが巨大に見える

↓ここからが今日の本題(笑)

うちの猫sテーマソングです。この前から作っていて発表するのを忘れていました。
最初はトムさんのテーマだったんですが、シーちゃんも同じことをするようになったのでふたりのテーマということで。
爆風スランプ『ランナー』の替え歌で、どうぞ。

♪電気を消した 真っ暗な部屋で 下僕は少し眠そうに
 もう箱じゃないだろうと言ったね

 瞳の中☆をやどした 楽しみなほどワクテカな
 兄貴のあとについて箱を齧るだろう

 かげりのない こねこの キセツは過ぎ去って行く
 箱はいつも歯形がついてる

かじるかじる俺達 飛び散るクズもそのままに
いつか形が無くなったら 下僕が新しくするだろう ♪

2008/09/29

同化中

トムさん、黒いスチールラックの上で同化中。


カモフラージュですか?




ていうか画面が暗くて写りにくいんですが?

あ、起きた!

顔だけが白いと面白い。





胴長ですね。


カメラを構えると、ポーズをとってくれました。

どことなく「猫カタログ2009年版」
そういえば最近の猫カタログ、けっこう黒白毛皮の子が増えたような気がします。





やっぱり「はっちゃん効果」なのかな。

黒白柄の子、大好きなのでいろんな子が
見られると嬉しい。







もちろん、トムさんが一番だけどね。

2008/09/24

仲良し!

いつのまにかふたり一緒にTVの上。


涼しくなってきたせいか、段々と
ふたり一緒にいる時間が増えてきました。






ふと見つめ合う(?)ふたり……

鼻チューは猫同士の親愛のあいさつだそうです。


うん、うん仲が良くていいことです。



と思って見ていたら

え? え? ええっ?

まあ、これだけなら良かったんですが……
この直後、毎度のようにシーちゃんは
トムさんの咽にカプッ!と噛みついて

トムさんは逃げてしまったのでした。

咽に噛みつくのは何なのだろう?
やっぱり「オレの方が上だぞー!」ってアピールなんだろうか?
トムさんは大人しいから、もしかして舐められてる???
シータには、いつも言い聞かせているんですが。
「お前はトムにぃちゃんの後から家に来たから弟。後輩。目下。子分なの! 
にぃちゃんの嫌がることをしちゃいけません! わかった!」
もちろん、ごはんをあげる時も、トムさんを先にしているのに。

シータはわかっているのかいないのか……
子猫のころからトムさんのことを「大きな黒白のぬいぐるみ」みたいに思っているらしいシータ。
もっと頻繁に言い聞かせないとダメなのかしらん??

2008/09/21

猫っていいなぁ〜

下僕の独り言。


どんなに疲れていても





猫sはいつもマイペース

下僕が忙しくてキリキリ舞いしていても



そんなことはお構いなし



食べて、寝て、遊んで……


でも、猫は可愛い!





猫がいるだけで
なんとなく「幸せ」



どんなに肩凝りが酷くても

物事が思うようにいかなくても



ああ、猫がいるっていいなぁ

2008/09/11

運転中に窓から伸び出してはいけません

video
ボックスの中で遊ぶトムさん。
フロントから飛び出すトムさん。
ちょっと無理やり感がありますが。
ていうか、そのうち壊れるのではないかと心配です。(笑)

ハチワレ急便

某有名ブログで猫達が入っているのを見て欲しくなったクロネコヤマトの保冷車仕様箱。
ウォークスルーボックスというらしいですが、近所の営業所に行ったら有りました!
早速購入して組み立て。

窓の部分を切抜くのに苦労しました。
段ボールが硬くてカッターが通らないよっ!

とまあ、どうやらこうやら(文字通り汗をかきつつ)完成。
猫'sに見せたら……

5分と経たないうちにあちこちに
歯形くっきり!


保冷車は新車でなく廃車寸前仕様になってしまいました。orz


トムさんが遊んでいる動画が撮れたので後でUPします。

2008/09/09

もの思ふ秋

ロニャン作『考える猫』








というのはウソで

本当は念入りにグルーミング中
シーたんはオシャレです。


(何か考えているとしたら、ごはんのことでしょうけど)






ベロが長いなー。

これくらいは猫としちゃ普通なんでしょうけど、先代ちょびさんがケガの後遺症で鼻先に舌が届かないくらい短かったので、シーたんやトムさんのベロを見ていると「猫ってこんなにベロが長いんだー」と改めて感心してしまうのです。

毛繕いに不自由しなくて良かったね、シーたん。

2008/09/01

ひと月遅れのBirthday

本当は8月1日が誕生日(仮)だったのですが
下僕の都合で昨日お祝いしました。



特注のBirthdayケーキ(人間用)
「2」という数字キャンドルを立ててお祝いです。



ふと注意がそれた隙に
ちょっと、しーたん!
鼻が、鼻が……






……寸止めでした。(笑)

トムさんの場合。
あんまり興味なさそうですが










キャンドルに火を点けても逃げないトムさん。
不思議そうな顔して、キャンドルを見てました。




本当はふたり一緒に写真を撮りたかったのですが。この時点でシータは逃走。
炎が怖かったのか、まったく捉まらず諦めてそれぞれの単独写真を撮りました。


最後は猫用のごちそう(猫缶)で〆
トムさんは2倍以上水増しスープでした。


2歳の誕生日おめでとう!猫s
我が家でいてくれてありがとう。

これからもよろしくね。

2008/08/27

CM作りました。

ネットを彷徨っていて見つけたCMが簡単にできるというサイト
コーマシャライザー」だそうです。
本当にそんなに簡単にできるのかと半信半疑で
試しに作ったら、できてしまったうちの猫を紹介するCM。

シータ編

なんか凄いナルシスト入ってますけど。ww

先代猫さまの想い出写真

これは今住んでいる家なので……
たぶん10歳の頃のちょびさん。
見た目はなかなか貫録があります。
名前を呼んだ直後だったので顔は不機嫌そうですが、
実は右手をニギニギして甘えているところです。





これは引っ越し前の写真なので、ちょびさんが5〜6歳の頃。
手足が大きいのか、胴体に比べて顔(頭)が小さくて比率がヘンです。
家猫の比率じゃなくて、豹とかチータとか、ああいう野生猫の比率に近いような。





下の2枚も同じく引っ越し前なので、たぶん3〜4歳のころじゃないかと思います。
ベロが短くて(子猫の時のケガの後遺症)自分の鼻先も舐められず、いつも鼻先と右手の裏側が汚れていました。
そのべちゃべちゃの鼻先をよく私の鼻にくっつけて起しに来たものでした。
(寝ているといきなりベチャッとする感触と、耳元で「うなぁ〜」と鳴くので驚いて目が覚める)

2008/08/26

プロレスごっこ

シータ「にぃちゃん! あそぼ!」
トム 「おお! やるか!」









トム「お前、少しは加減を覚えたんだろうな?」










シータ「がぶーっ!!」
トム 「!!!!」









トム 「痛いっつってるだろ! 加減覚えろよ、このバカ!」
シータ「ちょ…にぃちゃん。目がマジになってね?
    こ……こえーよ」








気温が下がって、涼しくなったと思えば、猫'sは大ッスル。
どったんばったんとプロレスごっこを始め……シータはこの後、後ずさりしつつ逃げて行きました。

2008/08/16

カゴ入り三態

「お盆special」(?)ということで
先代うなぎ猫のちょびさん。
これは1994年、ちょびさん2歳の頃の写真です。
この洗濯カゴが大好きで、中に入ってよく寝ていました。

なんかふっくらもっちりしてますが、長い手足をもて余しているようにも見えます。



実はこれ同じ洗濯カゴなのです。
考えてみれば、もう14年以上使っています。
洗濯機なんかは、2代目なのに。

見るからに筋肉質なトムさん。
カゴの中にいっぱいいっぱいです。

……もしかして、トムさんの方が大きい???
顔はトムさんの方が小さいけど。


最近、脱衣所の洗濯カゴがお気に入りのシータ。
シータの場合はスペースが余っているような……?

最近、大きくなったなぁと思っていてもやっぱり小柄なシータ。

こうしてみると身体の大きさや体型の違いがよくわかりますね。



しかし長持ちしてるなぁ、このカゴ。